表面処理加工の治具で作業効率・品質の問題を解決します!
こんな問題ありませんか?

外れやすい

いまお使いの治具では加工中や搬送中に外れやすくなっていませんか?
その結果、品質劣化だけでなく、歩留まりが悪くなり生産効率低下の原因となります。

解決のアイデア

「つかむ」または「はさむ」ことができるオリジナルの治具

バネ性を活用した金具を用いて「つかむ」または「はさむ」ことができるオリジナルの治具をご提案します。金具類は、固定部と可動部に分けて素材の変形がないように製作します。サイズは米粒大から手のひらサイズのものまでに対応可能です。

事例1

メガネフレームを固定するジグバネ

メガネのリム(レンズを押える部分)をクランプするための治具です。加工上、リムしかクランプできる場所がなかったのですが、このような治具にすることで外れにくくしました。

事例2

ステンレス薄板0.1t*50φをクランプするジグバネ

薄板(0.1t)をクランプするための治具です。板(サイズ50φ)が変形しない程度のクランプ力と、つかみ部分が影にならないように工夫しました。

事例3

腕時計の裏フタを固定するジグバネ

サイズ40φの蓋の凸部(1.5H)をクランプするための治具です。板バネを利用して治具の両サイドで蓋の凸部をつかみます。

表面処理加工の治具で作業効率・品質の問題を解決します!そのほかの問題解決はこちら

治具のことならなんでもご相談ください!山内スプリング製作所 →山内スプリングのウェブサイトへ
お問い合わせフォーム
TEL 0776-22-5099FAX 0776-27-5358