HOME > 事業内容 > 薄板板金加工

薄板板金加工

薄板板金加工

薄板板金加工は、一般的な板金加工の中でも特に薄い金属板を加工する技術のことです。加工内容としては、切断・抜き、曲げ、溶接、熱処理と、薄板の金属を任意の形状にするための加工がすべて含まれます。

薄板板金加工の切断・抜き工程では、シャーリングカット、レーザーカット、ワイヤーカットで金属板を特定のサイズに切断します。また、レーザーカットやプレス機による抜き加工も行ないます。曲げ加工の工程は、薄板に限らず板金において、最も重要な加工工程の一つです。このような曲げ加工を行う機械を、一般にベンディングマシン(プレスブレーキ)と言いますが、ベンディングマシンにより行う曲げ加工は、ベンダー曲げとも言われます。ここでは、金型を使用して特定の形状に金属板を折り曲げます。

薄板板金加工の主な流れは、以下の通りです。

材料選定

大まかに、錆の発生を特に嫌うか、バネ性を必要とするか、通電性を求めるかなどにより材料を選定します。

薄板板金加工の主な流れ 材料選定

展開図作成

材質・板厚に応じて曲げ代を計算して、CAD上にて展開図を作成します。

薄板板金加工の主な流れ 展開図作成

材料選定

大まかに、錆の発生を特に嫌うか、バネ性を必要とするか、通電性を求めるかなどにより材料を選定します。

薄板板金加工の主な流れ 材料選定

薄板板金加工の主な流れ 材料選定

切断・抜き加工

材質・板厚・数量によって、プレス抜き、レーザー加工、 ワイヤー加工を使い分けて板を切断します。

薄板板金加工の主な流れ 切断・抜き加工

曲げ加工

標準金型や簡易金型を使用して曲げ加工します。

薄板板金加工の主な流れ 曲げ加工

薄板板金加工の主な流れ 曲げ加工

溶接

アーク溶接やレーザー溶接を利用して、金属板同士を接合します。

薄板板金加工の主な流れ 溶接

薄板板金加工の主な流れ 溶接

熱処理

その材質にあった条件で熱処理します。
板厚t0.05~t3.0程度までの薄板が多く使用されます。

薄板板金加工の主な流れ 熱処理

薄板板金加工に使用される材料は、鋼板(鉄板)・表面処理鋼板、アルミ、ステンレス、伸銅品(銅、真鍮、バネ用リン青銅、バネ用ベリリウム銅等)、などが主なものです。

薄板板金加工品が使用される分野は多岐に渡り、産業機械・自動車・家電製品などです。私たちの身の周りを見渡せばすぐに薄板板金製品を見つけることができます。

当社で製作する薄板板金加工品の用途としては、一般産業機械や装置、建築金物向けに使用される板金部品や金具が主流です。具体的には、シム・スペーサー、板バネ、その他板金部品を扱っています。特に、薄板板金加工において板厚3.2mm以下の加工を得意としております。また、製品の大きさは手のひらサイズの小物部品が得意ですが、1200mm四方の大きさまでなら対応可能です。数量は1個からでも承ります。試作から量産まで対応しますので、薄板板金加工のことなら当社におまかせください。

薄板レーザー加工・薄板切断サービスランディングページ
バナー:お問い合わせ